初ヨガの感想。

 

 

「今年はもっと自分の心身と向き合う年にしたいんです。新年早々風邪引いちゃったし、基本は毎日デスクワークだし。何かオススメの健康法があったら教えて欲しいです(涙目)」

「そうねえ…うーん、心身と向き合うなら、ヨガはいいよ」

「ヨガ…! わたし、からだめちゃかたいからムズいかもしれな…」

「ううん、そんな人こそオススメなのよねー!」

「そうなんですか…それなら、ぜひに…!(嘆願)」

 

そんなわけで、新月も迎えたこともあり、週末はいつもお世話になっている方が主催している古式ヨガ教室に参加してみましたー。

 

全身の「力み」をゆるめていくウォーミングアップからはじまり、下半身と上半身をほぐしていく様々なアーサナ、最後は呼吸法と瞑想で仕上げる2時間。初心者にとっては、みっちりかも、、、と震えていたんですが、先生の丁寧なサポートがあって、ガチガチであることも忘れまして、終わった瞬間はきょとんとしてしまった。「え、もうおわっちゃったの?」という感じ。

 

…実際にやってみて、いやあ。2時間後のジブンはちょっと違う人間になったんじゃないかって思いました。文字にすると、大げさに聞こえちゃいますが、ほんとに。

 

分かりやすい肉体的な効果だと、身体がとにかくホカホカしてコートも暑く感じたことでした。あとは、肺活量が上がって呼吸が深くなっていたり(そのため呼吸がしやすい)、姿勢がピンと上を向いていること。また、普段はお腹がグーグー鳴る夕食どきも、夜はあたたかい作り置きのスープ一杯だけで十分だったり。(その代わり、次の日の朝はしっかりと、モリモリと食べるので、食事のサイクルも自然と整います。うれしいことづくめやー)

 

何より実感したのは内面的な変化でした。「反応しなくていいことに気づけたこと」が大きかったです。帰り道、人混みの駅内で誰かがドンとぶつかってきまして、普段だと「なんじゃとーーーー!」と頭の中でキレちゃうはずなんですけど(笑)、この日は「あの人もお疲れさまなんや」と仏のような笑みを浮かべてスルーした気がします笑。ささいなことについて、見方が変わった、気にしなくなったといいますか。

 

この効果もきっと、ヨガの自分の内面を見つめるプロセスにあるのかな、と感じています。

 

昔どこかの本で「環境が変わらなくても、自分が変わることで環境は変わる」みたいな格言を読んだことがあって、当時は「ほお(半目)」くらいにしか思ってなかったんですけど、今回それを思い出しました。(今更)

 

頭で理解できても、実践するのはなかなか難しい境地なので、得られたら「あ、よかった」と、グリコのおまけくらいに考えていますが、感じられると、やっぱり嬉しいもんですね。

 

これからも少しづつ、実践を続けていくことになりました。そこでの変化があったら、またこちらに更新していこうかしら。お互い、心身を労わる一年にしましょうね。今日は雪かな? 暖かくしてお過ごしください。

 

 

ヨガと一緒に、モチモチライフも継続中です。わたしが日本人であることを誇りに思う瞬間の一つは、くるみゆべしを食べることです。(真顔)

 

by Kei