ボースさん。


高円寺方面で用事をすませたついでに、かねてより気になっていた人に会うため、蓮光寺に寄りました。


彼のなまえは、スバス・チャンドラ・ボース。インド独立を推し進めた人で、私の読んだ本には「ベンガルの獅子」とも書いてあった。

 


昨年おこったマラッカ三国熱のなかで、いろいろと本を読み漁っている時に、彼の半生を知りました。


なぜ杉並区にインド人であるボースの像なのだろう。

 

そういう身近なクエスチョンからはじまる学びほど、記憶にのこる気がします。


像の隣に用意された芳名帳は、じつにさまざまな国のことばで埋められていました。ノートが物語るものを受け止めつつ、帰路につきます。


ちなみに、かの有名な中村屋のボースさんとはまた別の人で、わたしもなんどもまちがえてしまった。あ、中村屋カレー、たべたくなってきた。


蚕糸の森公園では、雪柳がももいろのちいさな花を咲かせ始めていましたよ。(上のフォト)

 

今はきっと満開だろうな。

 

 

 

 


by londel