ひたすらチョコをレビューする記事

2016.02.17 Wednesday




londel blogにお越しくださり、ありがとうございます。

さて、もう過ぎてしまいましたが
今年のバレンタインは嬉しいことにチョコをいくつかいただきました。
しかも、お酒入りチョコもあります。(特にお酒入りのチョコには目がない編集部)
少しだけ、紹介したいなと思います。

 

まずは差し入れとしていただいたこちらのチョコ。
「Meltykiss くちどけラム&レーズン」


編集部の誰かさんが食べた残骸。
恥ずかしながら写真はこれしか残せなかったので
公式のものを引用させていただくとしましょう。


 





明治の「Meltykiss」シリーズは冬期限定のチョコレートとして、有名ですね。
冬になるとよくスーパーやコンビニなどで目にします。


こちらはMeltykissシリーズでも唯一お酒をしたものなんだとか。
ラム酒に浸けたレーズンと洋酒を使用した生クリーム入りガナッシュを、
甘さ控えめのチョコレートがコーティングしています。
ラムレーズンはふっくらとしていて、ジューシーな味わい。
これは相当浸した模様。苦みのある後味がたまりません。


 




これをコンビニで買えるなんて、なんてぜいたくな時代になったものでしょう。


 


 

さて、つづいてはこちら。


「焼酎チョコ(芋焼酎)伊佐美」


酒入りのチョコレートでも、こちらは洋酒ではなく「芋焼酎入り」とのこと。
日本酒、焼酎に詳しくないので、「伊佐美」という銘柄はこれを頂いて初めて知りました。



 

「伊佐美」は東洋のナイアガラといわれる
曽木の滝で有名な鹿児島県大口に蔵があります。
昔から黒麹にこだわり続けた本格焼酎。
良質のさつまいもを原料に、コクがありまろやかな味わい、
のどごしの良さが特徴の焼酎です。

(本品紹介カードより引用)


なるほど…そんなわけで一口いただきましょう。

トリュフにゼリー状の「伊佐美」が包まれているわけですが
ほっぺが落ちるとはこのことかと思いました。
最初はゼリー状の焼酎はどんなものかと身構えましたが
クセは全くなく、心地よいお酒の薫りがスッと鼻に抜けていきます。
口溶けがとてもなめらかなこのトリュフともベストマッチ。
本物の「伊佐美」も気になってしまう一品でした。


ここまで来て、なんだかほろ酔いなので
今度はお酒なしのチョコを少しご紹介したいと思います。


 

続いてこちら。



最近見つけたお気に入りのカフェにて「バレンタインだから」とのことでお一ついただいたもの。
お店の遊び心に心躍りつつ、いただきます。(隣のロータスもついてきました)
このドロップ形のチョコと言えば、
アメリカの有名なチョコレートメーカー「HERSHY’S」のものですね。
上から飛び出した白い紙が可愛らしいんです。


 





お味のほうは、案の定アメリカンな甘さ。
小さい頃は結構好きだったんですが、随分と渋めが好きになったもんだ。
これは、子どもたちが喜びそうです。

というかなんだろう、
この刺激的甘さは海外のお菓子に憧れてた幼少期を鮮明に思い出します。
まさに「おやつの記憶」

夏になればロッテのHERSHEY’Sチョコアイスバーは絶対に食べたし、
特にグミで有名なドイツの菓子メーカー「ハリボー」は憧れの的でした。
姉世代のちょっと年上のおねいさん達が食べているのが羨ましくて…
海外菓子の量り売りショップに行って、
袋いっぱいにベアーグミやらやけに巨大なコーラグミを詰めたら100g越えで料金超過になりお小遣いではとうてい購入できずに悔しい想いをしたのも今では良い思い出だなあ…

話がずいぶんずれましたが、懐かしくなりました。




最後は親類からいただいた、こちらのチョコ。
第3世界ショップの「フェアトレード ミルクチョコレート」





(おいしくて、写真にさえ残せませんでした)

こちらのチョコレートは、すべて有機認証を受けた原料を使用したオーガニックな商品。
原材料から製法、生産者の方々まで全てのこだわりがつまった安心の一品だということが、
栽培の様子を掲載したパッケージからも伝わってきます。


★★★★★5つ。
ミルクチョコレートとあるものの、ほどよい甘さなので食べやすい。
何より芳醇なカカオの香りは「これぞチョコ!」といった感じで、
板チョコには思えない口溶けの良さ。
贅沢なひとときを味わうことができます。

生産者の方に心から感謝したくなる、そんな1枚でした。








 

…書いているだけで口の中が甘くなってきそうですが
今年のバレンタインも楽しませていただきました。
実は、この時期以外はあまりチョコをいただいているわけではありません。
チョコのありがたさを存分に感じたいためでもあります。

それゆえ、この冬期は解禁時期として
ありがたく甘美なひとときを過ごしています。笑







 

今回のblogも、結局十八番ネタになりました。


本来このblogの目的(メイキングの紹介など)も、よく考えれば、
本誌のページ数の都合上、ご紹介できない(ネタバレ)になることが多過ぎてですね。
結局このような好き放題の記事ばかりになってしまうのです。

 

そもそも読者さまに記事をお楽しみ頂けてるのかどうかも分からない不安は相変わらず残りますが
いっそのこと分析の甘いおやつレビューblogとして
ひっそりやっていこうかなとか考え始めています。笑



 

読んでくださった読者さまに少しでも参考になればさいわいです。
長くなりました。また更新します…♪










 

関連する記事
コメント
こんにちは!ブログ楽しませてもらってます。
芋焼酎チョコってあるんですね。びっくり。
チョコが大好きなのでタメになります(笑)
14日は近所の洋菓子屋さんで
バレンシア(みかんの皮❓にチョコがかかっているもの)を
選んで相手に渡しました。
私はバレンタインの日になぜか「雷おこし」を頂きました。
  • by 練馬だいこん
  • 2016/02/19 4:44 PM
練馬だいこん さま

blog開設後記念すべき最初のコメント、
素敵なエピソードをありがとうございます。

バレンシア、
まだ食べたことが無かったのでとても気になりました。
きっとお相手の方もお喜びだったことかと思います。
日本のスナック「雷おこし」もgoodですね。チョコにも合いそうです。
  • by londel
  • 2016/02/20 10:47 PM
コメントする