「来ると思うな取ると思わじ」 

 

 

 

先日、国立能楽堂で「三輪」というお能を拝見した。

 

こんなおなはしだった。

 

大和国(奈良県)三輪山の庵をむすぶ玄賓僧都(げんぴんそうず)という徳の高い僧のところに、毎日、仏にお供えするための木とお水を持ってくる女がいた。風も冷たいある日の夕方、いつものようにやってきた女は、夜寒をしのぐために「衣を一枚ください」と、玄賓にお願いをする。快く衣を与えたあと、玄賓が女の住まいをたずねてみると、ある古歌を詠んで「不審があれば、杉立てる門を目印にいらっしゃい」という含みのあるひと言を残して、どこかへ消えてしまった。

 

そんな玄賓のもとに、三輪明神へお参りに出かけた里人が不思議な情報を持って来た。「神木の杉の枝に、衣がかかっていたよ」というのだ。男に先ほど衣を贈った女のことを話してみると「きっと三輪の神さまの仮の姿だろう」との推測…。さっそく三輪山へと向かった。

 

神前に着くと、杉の枝にはたしかに先ほど女に贈った衣が確かにかかっている。さらに、衣の裾にはこんな和歌が。

 

「三つの輪は清く清きぞ唐衣 来ると思うな取ると思わじ」 

 

玄賓がその和歌を読んでいると、杉の木の間から罪を助けてくれるように願う三輪の神さまの声が聞こえてきて、やがて女姿の三輪の神があらわれる。そして、三輪山のしるしの「杉」にまつわる昔話を語りはじめた。

 

「大和の国に、夫婦がいました。けれども、夫は決して昼間は姿を見せてはくれず、夜しか来てくれませんでした。妻は、夫の帰る場所を知るために、夫の衣の裾に、おだまきの糸につけた針を刺しておいたのです。糸を目印にたずねてみますと、三輪山のふもとの神木の杉の下枝にたどり着いたので、夫の正体が三輪の神であることがわかりました。そのとき、おだまきの糸が犹偉忰畛弔辰討い燭里如△海凌を三輪のしるしの杉と呼ぶようになったのですーーー」

 

昔話をした三輪の神様は、やがて天岩戸の神遊びの様子を見せて典雅に舞いながら、伊勢と三輪の神が一体であることを語るうちに、いつしか夜も更けていき、姿を消してしまう。(リーフレット参考)

 

 

終演後、2つのことを頭の中で反芻していた。高僧は物語が進むにつれてほとんどフェードアウトのようなかたちで登場しなくなること。それに伴って、彼女(里の女)は三輪明神として美しい装束に身を包んで姿をあらわし、天の岩戸の神遊びの様子を見せて、典雅に舞い続けること。

 

高僧の静的なものと三輪明神の動的なものとの押し引きが、クライマックスにむかうにつれて、ラヴェルのボレロのような高まりをみせる造りになっている。2年前に大阪城の薪能で拝見した「羽衣」という演目にも少し似ていた。前半の能楽案内で、大学教授の方が「『井筒』とも似ているんですよ」と言っていたから(能のことはほとんどわからないけれど)この「押し引き」は一つの定形なのかもしれない。

 

途中、衣を与えてくれた高僧に女が「この衣を与えたと思わないでください。私ももらったと思わないから」と、伝えるシーンがある。三輪(さんりん)清浄の無所得の精神を言い表しているらしく、作中でもたいへん重要なセリフの一つだ。

 

「無所得=仏語。何にもとらわれない心。こだわりのない心」

 

ただ、私は謡を聴いているうちに、宗教的なことや道徳的なことを超えて、一つのうつくしいダンスのステップを見ているんだなと思った。それは、生きた感情同士の、他者を想うこころの押し引きが生むのだ、ということも。

 

 

by Kei

 

 

いいなあリトルプレス 。

 

こちらは、日本芸術文化振興会が毎月発行している国立能楽堂の情報冊子『国立能楽堂 No.435』。ホワイエの一角に佇んでいた小さな売店に積み上げられていた。こうした、うすくて、ちいさくて、ぎゅっとした内容で、限定性のある爐舛腓辰箸靴燭茲澆發劉瓩砲呂笋辰僂衞椶ない。(ちなみに、映画のパンフは、個人的に自分が思う「それ」とはまた別レイヤーにあるものだと思ってるけれど… ながくなりそうなので今日はやめとこう)

1ヶ月間の演目や、作品紹介、出演者、ちょっとしたお能の豆知識も載っていて公演紹介の内容が、とても平易に書かれていて、他の日の公演のおはなしまで目にできるのもうれしいです。おすすめです。

コメント