「リーディン・ブック・キャンドル・ナイト」のこと。

 

 

 

とつぜんですが猖椶箸旅イな出合い方瓩呂△蠅泙垢。

 

知人から借りる、図書館で半日過ごす、レビューを調べる、好きな本屋さんへ行って物色する(個人的にいちばん好きなやつ…)…など、今はあらゆる方法で、一冊の本を手に入れることができるようになりました。

 

同時に、出合い方自体が、一冊の読み方を変えることもしばしばあるものです。「広告で流れている当初は興味がわかなかったけど、知人が紹介してくれたから読んでみたとある本。これが、とても良かったのよ…」なんていうことも、最近耳にした参考になるおはなし。

 

今だからこそ、生の声で紹介された一冊のストーリーに耳を傾けるという爐舛腓辰隼間をかけた本との出合い瓩あってもおもしろいかも…そんな思いで開くのが、12/22(Sun)に青と夜ノ空さんで行う読書会「リーディン・ブック・キャンドル・ナイト」です。

 

名のとおり、ろうそくを灯し、リラックスした雰囲気のなかで、テーマに沿ってお持ちいただいた本についてお一人づつ自由に語っていただく参加型の会になります。

 

狷表餡餃瓩箸いΔ函課題図書の読了後に感想を述べ合うものを思い浮かべる方もいると思うのですが、この会は出合いにフォーカスを当てているので、もっとカジュアルになります。

 

どちらかと言うと猖椶里△覿間が好きな人の会瓩近いかも。主催者である私自身、本のある生活を始めたのが6年前ーーエフイチ創刊の2年前ーーなので、この初心の気持ちで参加者の方々と一緒に、あたらしい味わい方をいろいろ体験できれば、と思っています。

 

 

 

 

この日、ろうそく作家・関口文子さんに依頼をして素敵なろうそくを作っていただきました。浄化効果のあるハーブのセージを煮出したろうを使ったという、結晶模様が美しい冬の作品たち。お一人つづ灯します。

 

またお菓子はvol.8の巻頭特集で取材させていただいた山梨県・笛吹市にある喫茶kivisさんの手作りおやつ、セレクトしていただいたハーブティーもいただきます。

 

また、初回限定のちょっとしたサプライズもご用意しています。うふふふ。

 

聖夜に近い夜、よろしければ、ぜひ。

(予約制になります。キャンセルがありましたので、まだお席ご用意可能)

 

ご予約方法など、詳しいことはこちらをどうぞ↓

 

[リーディン・ブック・キャンドル・ナイトの詳細]

https://ehubunnoichi.com/info/2911613

 

 

by londel

 

 

追伸「エフイチの選書について」

 

vol.8でも本をいくつか掲載しているからでしょうか、たまに「どのようにして選書されるのですか」というお声をいただくことがあります。

 

じつは編集人が今まで読んできたものから選んでいるのは、エッセイ内などのごく一部で、あとのほとんどは紹介です。まず、記事にしたいテーマを周りの方(本屋さんや、読書に熱い人々)や、読者さんに伝えてアンケートを募ります。そうして集まった本たちをとりあえず最後まで読んで、後は関連する内容を選り出し、まとめていく…最新号もそんな風にして選んだ一冊一冊です。そうすると、面白い広がりが出てくる気がします。

 

これからも、気になるテーマがあったらあなたにお尋ねしたいな…と思っています。

 

 

 

コメント