夏至界隈の雑談。

 

 

 

 

おもむろに

ドアからとびだし

ふだん素通りの

ひそやかな小道へ

 

みちくさの権利

行使して

傲慢に夏を

吸いこむ

 

すれちがいざま

名もなき

あなたの午后に

幸あれと

 

「ジモーティ後進更新曲」by kei

 

 

 

-

 

 

 

 

明日は一年で太陽がもっとも高くのぼる日、夏至。

 

ロンデルではこの日を一つの境目に、次号の一部〆切を進めていたこともあり、ほっとしている反面、これから待ち受ける取材に引き締まります。

 

また、久しぶりに人にお会いする度「人ぉぉお!」と未だ対面がもたらす影響にびっくりしてしまう感覚が続いてます。

 

もう、全然元にもどらない。笑

しかたないので、気長に慣らせていくつもりです。

 

人がそこにいてくれることの凄みを感じる機会が流れているのは、間違いなさそう。

 

-

 

夏至界隈を一つのメンテ期間としてる方も多いそうですね。新月だし、ぴったりです。

 

わたしも「夜長」ならぬ「短夜」の利点を生かせればと、坐禅する時間を夜から朝に変更したのですが、これがなかなか悪くない。

 

夜だと、座布に座った瞬間くーすかしちゃうことも多々…。ケイサク(あの、雲水さんがバシィッとやるやつ)がない分、甘さがつきまとうので、この時期ならではの朝の明るさは効きます。目ェ覚めるし。

 

レモンピールやレモングラスなどの「レモンレモン」した新月ハーブティーも覚醒にはもってこい。

 

 

 

 

エントロピーが増えていくのは何より生きてる証。

循環させていくちからを、少しづつ育てていけばいいと思っています。

 

旧暦に沿えば、今日は「五月晴」にあたるような陽気ですね。

ここちよくお過ごしください。

 

 

 

by Kei