雑談タイム

 

 

 

●約2ヶ月の集中制作期間を経て、いくつかの大きな記事の

構成、執筆、校正etcが終了しました。

これから各レイアウト、諸々の編集の工程へーーー。

 

記事の挿絵作成に使うのは、もっぱらコピックです。

やっぱり食べもの描いてる時はたのしいものです。

 

------------------

 

●ってわけで、長月きましたね(今更)

ここからはとてもとてもくだらないはなし。

 

正念場ってことで、恒例新月の断髪式も終えてきました。

側面はバリカンで6mmの、かれこれ

1年続いている安定のタラちゃんヘア。

本当はボウズにしたかったけど…(嘘、ベリーショート)

 

K「あのー…、今日はいつもと変えて、さらに短くしてくれませんか?」

 

美容師「ん? ベリーショートってこと?」

 

K「はい、このカミガタ、安定しすぎて飽きちゃったんです。気分転換したいんです」

 

美「うーむ、なんとなく変えたいんならやめといた方がええ。あたいが、チミの特殊な髪質やら、太さを考慮して、一年かけてやっとこさたどり着いたタラヘアやんか」

 

K「ぐっ…た、たしかし…」

 

美「なんせチミは超クセ毛だし、まとまりないし、今はあたいの技術でなんとか暴れてないで済んでるんや。こっから段入れたら、はげしいことになるべ。安定ってのは、安定してるから長く続くものなんよ。たやすく刺激を求めない方がええ」

 

K「じゃあ、あたしは一生変えない方がいいってことですか…(涙目)」

 

美「そんなことを言ってるわけやない。チミの本気が感じらんのや。頭爆発しても変えたい! っていうような覚悟がないとダ

メや。その気持ちになったら、いつでも言ってくれていいんや。あたいがその覚悟確かめたるからな…!(本気)」

 

K「ひいいい…くせ毛の分際で、呑気なこと言ってすみません…!」

 

…とまあ、こんな会話をして、その場でベリショを諦めたわけです。(誰得情報)

(脚色が過ぎる 笑 

美容師さんは標準語のとてもすてきな人)

 

でも、美容師さんの言う通りにして大正解でした。安定って素晴らしい!

 

 

----------------------

 

●一通りの作業後の楽しみはお茶。

喫茶店でゲットした深煎り豆があるからね。

がりがりがりがり…

 

たまに豆が飛びまくる相棒の手動ミル。

(このときも、右目の眼球にひとつぶ直撃)

 

とりあえず、今日もアイスコーヒー。

おやつは、姉さんがくれた「武蔵野夫人」。

 

 

 

 

 

 

 

by Kei