カフェ・オレと姉のコットンリネンと秋。

 

 

 

つぶやき。


帰り道。
バスまでの時間が長くて
迷ったあげく
近くの喫茶店に入ることに。


生姜シロップ入りの
カフェ・オレとやらをオーダー。


ゆっくりと口に含み
香りとミルクのコクを愉しむ。


心なしか
生姜が良い仕事をしていて
秋風で軽く冷えた手先を
温めてくれる感じ。


「アンタにしちゃ、珍しく正解ね」と
心の中の天使みたいな
小さい生き物が
得意げにウインクしてきた。


いつもはイラっとくるけど
珍しく
「うむ。秋ですな。」と
素直に返事をしておいた。

 

 

 


by londel

 

 

 


ps.あのう。
先日姉がくれたコットンリネンの
ハンドクリームのことなんですが
ずっと手にすりこんでいたいほど
慈しみ深い秋の香りがします。

(使いすぎて、既に凹んでる)